議会用語集

あ行

委員会(いいんかい)

市会に提案された議案などを、少人数の議員で専門的・能率的に審査するための機関のことをいい、常任委員会、市会運営委員会、特別委員会があります。
議員は、必ずいずれか一つの常任委員会に所属することになっています。

委員長報告(いいんちょうほうこく)

委員会での審査を終えた議案などを本会議の議題とするときに、委員長が審査経過及び結果について報告することをいいます。

意見書(いけんしょ)

地方自治法第99条の規定に基づき、市の公益に関することについて、国会や国、県などの関係行政庁に対し、市会の意思をまとめて提出する文書のことをいいます。 意見書の案は、議員が提案し、本会議でその可否を決めます。

一事不再議の原則(いちじふさいぎのげんそく)

市会で一度意思決定をした案件は、同一会期中には再び審議しないという決まりのことをいいます。

一般会計(いっぱんかいけい)

福祉、教育、道路・公園の整備など、市の基本的な事業を行う会計(財布)です。もっぱら市税や地方交付税などによってまかなわれます。

か行

開会(かいかい)

市会を法的に活動できる状態にすることをいいます。(⇔閉会

会期(かいき)

市会が活動を行う期間(開会日から閉会日まで)のこといい、本会議初日の冒頭に議決により決定します。 なお、議案などの審議が会期中に終わらない場合などは、一度決めた会期を議決によって延ばすこと(会期延長)もできます。

開議(かいぎ)

その日の本会議を開くことをいいます。開議は議長が宣言します。(⇔散会

会議公開の原則

特に秘密会にすることの議決をしないかぎり、本会議は公開しなければなりません。

会期不継続の原則(会期独立の原則)

会期中に決まらなかった案件は、次の市会に持ち越せません。次の本会まで継続して審議するときは、そのことをあらかじめ議決しておく必要があります。なお、継続審査の決定もされずに会期を終えるに至った場合、「審議未了」となり廃案になります。

会派(かいは)

市会内で結成された同じ主義・主張を持った議員のグループのことをいいます。なお、5人以上の所属議員を有する会派は、市会運営委員会に委員を選出することができます。

過半数議決の原則(多数決の原則)

議決するには、出席している議員の半数を超える賛成が必要です。可否同数のときは、議長が決めます。例外として、3分の2、4分の3、5分の4以上の賛成が必要な場合もあります。これを特別多数議決といいます。

議案(ぎあん)

市会の議決を求めるために市長や議員が提出する案件のことをいいます。

議案外質問(ぎあんがいしつもん)

市会に提案された議案を除く行政全般にわたり、事務の執行の状況や将来に対する方針などについて、説明を求め、疑問をただすことをいいます。

議決(ぎけつ)

議案などに対する賛成、反対の意思表示による市会の意思決定のことをいい、次のような種類があります。

  • 可決(否決):予算、条例意見書決議
  • 認定(不認定):決算
  • 承認(不承認):専決処分
  • 同意(不同意):人事案件
  • 採択(不採択):請願
  • 支障なしと答申:諮問

議事日程(ぎじにってい)

議長が定めるその日の本会議の議事の順序表のことをいいます。

議長と副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
議長は議会の代表者であり、また、議会運営の責任者で、円滑に会議を進めるほか、議場の秩序保持や市会の事務処理も行います。また、市会の代表者としていろいろな会議に出席したり、他の機関と協議したりします。 副議長は議長が欠けたときや議長が病気や出張などで不在のときに、議長の代わりをつとめます。

議了(ぎりょう)

本会議に付された事件すべての審議を終了することをいいます。

継続審査(けいぞくしんさ)

会期中に議決されなかった議案などは、次の会期には引き継がれることなく、廃案となります(会期不継続の原則)。継続審査とは、その例外として、本会議議決によって、 閉会中に行われる委員会で引き続き付託された議案などの審査を行うことをいいます。

決議(けつぎ)

意見書と同様に市会の意思を表明するもので、政治的効果を期待して、あるいは市会の意思を対外的に表明することが必要であるなどの理由でなされる議決をいいます。
市民生活に重要なことでも、それが国や県の仕事であったりして、市の力だけでは解決できないことがあります。このようなときには、関係機関に「意見書」を提出して、積極的な解決を求めています。

企業会計(きぎょうかいけい)

地方公共団体が直接、社会公共の利益を目的として経営する地方公営企業の会計の総称で、主に利用者の皆さんが支払う料金収入で事業を行います。交通事業や上下水道事業など、神戸市では8会計あります。

さ行

採決(さいけつ)

議長が本会議で表決(議員が議案などに対して賛成又は反対の意思を表示すること)をとる行為のことをいいます。委員会の場合は委員長が表決をとる行為のことをいいます。 また、表決の結果により市会の意思を決定することを議決といいます。なお、採決に至らなかった案件は、継続審査議決をしない限り、審議未了、廃案となります。

採択(さいたく)

請願に対して、市会がその内容を審議して決定した賛否の意思決定のことをいいます。請願の内容が妥当であり、法令上、行政上も実現性があるような場合に、 議会として採択するという意思決定を行います。

散会(さんかい)

その日の議事日程に記載された事件をすべて議了し、その日の本会議を閉じることをいいます。(⇔開議

市会運営委員会(しかいうんえいいいんかい)

市会を円滑に運営するため、市会運営の全般について協議し、意見などの調整を図るために設けられている委員会のことをいいます。

市会議員(しかいぎいん)

議員には国会議員と県議会議員などがあります。市会議員は、市民の代表として市が行う仕事について話し合うために選ばれた、みなさんの生活にもっとも身近な議員です。
議員は4年ごとに市民の選挙で選ばれ、議員の数(上限数)は、地方自治法で人口に応じて決められています。本市の場合、法定上限数は72人ですが、議員定数条例で69人と定め、現在68人(欠員1人)の議員で議会が構成されています。
市内に住んでいる満25歳以上の選挙権のある人なら、誰でも市会議員に立候補できます。

質疑(しつぎ)

議案などについて、討論の前に疑問をただすことをいいます。なお、議案と関係のない市政全般に関して疑問をただすことを議案外質問といいます。

執行機関(しっこうきかん)

議決機関としての市会に対し、市長をはじめとする各種の機関(教育委員会、選挙管理委員会、監査委員など)をいいます。

招集(しょうしゅう)

市会を開くために議員に一定の日時に一定の場所へ集合することを要求することをいいます。市会招集の権限は市長にありますが議員定数の4分の1以上の議員から請求があった場合等は市長は臨時会を招集しなければならないことになっています。

承認(しょうにん)

市長の職務を代理する副市長が地方自治法上に定める期日より前に退職しようとする場合には事前に、市長が専決処分を行う場合には事後に市会が同意することを承認といいます。

上程(じょうてい)

議事日程に記載し、本会議の議題として取り扱うことをいいます。

条例(じょうれい)

地方公共団体が自治立法権に基づいて定める自主法のことをいいます。条例の制定・改廃は原則として市会の議決により成立し、市長の公布により効力が生じます。 条例案の市会への提案権は、市長・議員の双方にあります。

審議(しんぎ)

本会議において、議案などの案件について、説明を聞き、疑問をただし、討論 、表決する一連の過程のことをいいます。

審査(しんさ)

委員会において、付託を受けた議案などを論議し、結論を出す一連の過程のことをいいます。当該会期中に採決に至らず、継続審査の決定もされないまま会期を終えた場合は、審議未了、廃案となります。

審査打切(しんさうちきり)

陳情について、委員会において、採択又は不採択いずれかの結論を見い出せず、さらに審査を続けることが妥当と認められない場合の意思決定のことをいいます。

請願(せいがん)

国や地方公共団体に意見や要望を述べることをいいます。市会に請願する場合は、1名以上の市会議員の紹介が必要となります。 市会に提出された請願書は常任委員会などで審査したうえで、本会議採択か不採択かを決定し、その結果を請願者に通知します。

政務調査費(せいむちょうさひ)

市会の会派に対して、市政に関する調査・研究に役立てるため必要な経費の一部として、地方自治法及び神戸市会政務調査費の交付に関する条例に基づき、支給される交付金のことをいいます。

専決処分(せんけつしょぶん)

市会が議決しなければならない事項を、市長が代わって意思決定することをいいます。時間的に市会の招集を待てない緊急な場合などにできることになっていますが、専決処分の後に、市会に報告し承認を求める議案の提案が必要です。このほか、あらかじめ議決によって特に指定したものは専決処分(市会の委任による専決処分)ができますが、その後市会への報告が必要です。

た行

陳情(ちんじょう)

国や地方公共団体に意見や要望を述べることをいいます。市会に陳情する場合は、市会議員の紹介は不要です。 市会に提出された陳情書は常任委員会などで審査したうえで、その結果を陳情者に通知します。

定足数(ていそくすう)

市会において、有効に議題を審議し、決定するために必要とされる出席者の数のことをいいます。地方自治法により、本会議は、議員の定数の半数以上の議員が出席しなければ、開くことができません。
例外として、定数の3分の2、4分の3以上の出席が必要な場合もあります。

定例会(ていれいかい)

市会には、定例会と臨時会があります。定例会とは、付議事件の有無にかかわらず、定期的に招集される市会のことをいいます。 地方自治法により、毎年、条例で定める回数を招集することになっており、神戸市会では年4回と定め、2月、6月、9月、11月に開会しています。

動議(どうぎ)

主に本会議委員会の進行や手続きに関し、議員からなされる提議のことをいい、本会議又は委員会議決を経るべきものとなります。 通常これらは口頭で行われるのに対し、原案に対する修正の動議等は、文書で提出することになっています。

答弁(とうべん)

本会議委員会で、議員の質疑議案外質問に対して市長や教育長、関係局長などが回答や説明などを行うことをいいます。

討論(とうろん)

本会議において、採決の前に議題となっている案件に対し、賛成か反対かの意見を表明することをいいます。討論の目的は、 単に賛否の意見を明らかにするだけでなく、まだ賛否を決定していない議員及び意見の異なる議員を自己の意見に賛同させることにあります。

同意(どうい)

市長がその権限に属する事務を執行するにあたり、その前提となる市会の議決のことをいいます。 原則として市長その他の執行機関に執行権が属する場合、具体的な事務執行についてその都度市会の関与を必要とはしませんが、特に重要な事務執行については市会の関与が定められています。

特別会計(とくべつかいけい)

特定の事業を特定の歳入によって実施するための会計の総称です。一般会計から切り離して整理することで、個々の事業の収支や運営実績が明確になります。国民健康保険事業費や介護保険事業費、市営住宅事業費など、神戸市では16会計あります。(平成19年度末)

は行

発言通告(はつげんつうこく)

議員が本会議で発言したいときに、あらかじめ議長に発言の主旨などを告げ知らせることをいいます。

付議事件(ふぎじけん)

議案など市会で審議される事項のことをいいます。

附帯決議(ふたいけつぎ)

議案議決する際に付け加えられる市会の要望のことをいいます。法律的な効果はなく、政治的に尊重されるべきものとされています。

付託(ふたく)

本会議での議決に先立って詳しい検討を加えるために、所管の委員会審査を託すことをいいます。

閉会(へいかい)

会期が終了して、市会の活動能力を失わせることをいいます。(⇔開会

本会議(ほんかいぎ)

定例会臨時会において、全議員で構成する市会の会議のことをいい、議案審議や、市会としての最終意思の決定(議決)などを行います。

ら行

臨時会(りんじかい)

市会には、定例会と臨時会があります。臨時会とは、定例会のほかに臨時の必要がある場合に招集され、付議事件として告示したものに限って審議することができる市会のことをいいます。

市会の予定

平成29年第2回定例市会

平成30年第1回定例市会の日程が決まりました。
【2月議会】
2月20日(火曜)  午前10時~
2月26日(月曜)  午前10時~
2月27日(火曜)  午前10時~
3月20日(火曜)  午前10時~
3月28日(水曜)  午前10時~
3月29日(木曜)  午前10時~
3月30日(金曜)  午後(予備)

【6月議会】(予定)
6月11日(月曜)  午後2時~
6月15日(金曜)  午前10時~
6月22日(金曜)  午前10時~
6月25日(月曜)  午前10時~
6月26日(火曜)  午前10時~

その他の委員会等については、こちらをご覧ください。
(※市会事務局のページへリンク)

ページの先頭へ戻る